樹皮

Bark
Photography
うわべこそ、本質である。
The surface is just a true character.

これらの写真が写しているのは、樹皮。

樹皮は、いわば「うわべ」です。表層の部分。人で例えると、化粧に当たる部分かもしれません。

内側には、木の繊維が詰まっていて、表面とはまったく違う表情を持っているでしょう。

内部が壊れないように、保護し、隠しています。

人を見るとき、外見で判断するのか、内面で判断するのか、などと言われます。

しかし、何をどう隠すのか、それは木によっても、人によってもそれぞれ個体によって異なります。

表層の部分にこそ本質が現れるのです。

These photos caught bark.

Bark is, so to speak a surface. Bark is compared to makeups of human.

Trees has plant fibers in the inside, so they should have the different texture from the bark.

Human have appearance and inside. It is said that inside is more important.

But, surface shows the core.

Because it differs by trees and person that what to hide and how to hide.